サイトメニュー

肌の黒い点が気になる時は

医者

特徴や状態が違えば治療法も異なる

メイクではカバーできないほくろも、美容整形外科へ依頼すればレーザーなどを使って簡単に取り除いてくれます。とくに厚みがなく皮膚の浅い位置にできているほくろなら、1度のレーザー治療でほぼ完治し、傷跡も殆ど残りません。治療が済んだ後、患部が落ち着くまでの数日間は、処方された軟膏などを塗るのが基本です。また、レーザーで治療した患部は紫外線に晒さないよう、保護テープを貼ったり、UVケアができるコスメなどで保護しておいたりすることも基礎知識として欠かせません。ただし、この治療ではほくろをレーザーで蒸散させてしまうため、その細胞を病理検査に回せないことも覚えておきましょう。病理検査が行えないので基本的に健康保険は使えず、そのうえ悪性腫瘍か否かの診断もできなくなります。なので、もしも美容整形外科で病理検査をすすめられた際は、医師の判断に従っておくのも豆知識です。この場合、ほくろの除去はメスを使った切開法などとなりますが、健康保険に対応する美容整形クリニックなら、保険が使える場合もあります。そして、ほくろが大きい場合は切開治療の方が適していますから、病理検査が不要でも外科治療を選んだ方が良いでしょう。切開法なら患部が大きくても治療跡は1本の縫合線になるため、レーザーで広範囲を照射するより傷跡が目立ちません。
皮膚は表皮層の下に真皮層がありますが、ほくろがどの層に位置するかは種類によって異なります。ミーシャー型はほくろを形成する母斑細胞が表皮から真皮に掛けて存在しており、その先端は真皮層の深くまで届いているのが特徴です。表面部分がこんもり盛り上がっているのも特色で、顔にできる大半のほくろはこのタイプだとも言われています。ただし母斑細胞はクサビ状なので先端部分は細くなっており、このため美容整形外科のレーザー治療で深部まで除去しても、意外と傷痕が残らないのです。それに対しまして、クラーク型は体にできることが多いほくろであり、表面は平たく軽い隆起が見られます。母斑細胞は真皮層の奥まで届くことはなく、概ね表皮層に留まっており、部分的に真皮層の上部へ食い込んでいる程度です。母斑細胞の面積が広い場合、レーザーよりもメスで取り除いた方が良いタイプでもあります。そして、ウンナ型も体にできやすいタイプで、手の平や足の裏などに生じるケースが少なくありません。真皮層まで届く母斑細胞は、ミーシャー型のクサビ状と違い、下部でも面積を保っている場合が多くなっています。ですからほくろの面積が広く、真皮層の奥まで母斑細胞が到達している状態ですと、切開治療で外科的に除去した方がベターです。

Copyright© 2019 症状に合わせて的確な施術法を選択することが大事 All Rights Reserved.